一か月以内なら短期賃貸マンションに住むのがお得

マンションの種類

マンション

賃貸と分譲

港区にあるマンションを大きく分けると、賃貸と分譲があります。賃貸は賃貸借契約をして住むことができるマンションです。住むことはできても借りているだけなので、持ち主はそのままマンションのオーナーです。退去するときは、入居したときと同じ状態のままオーナーに返却する必要があります。そのためリフォーム工事などは禁止で、傷や汚れや破損などがあったら原状回復費が請求されます。分譲は売買契約をして購入するマンションです。港区のタワーマンションなどは、ほとんどが分譲です。マンションの中の一つの区分だけが自分の持ち家になります。分譲マンションを購入する人のほとんどは、一生住むことが目的です。そのため、賃貸よりも外観や内装、設備などが豪華です。また、タワーマンションは最新の耐震性を備えています。セキュリティも強固で、安心して住むことができます。港区には、賃貸とも分譲とも違う、分譲賃貸マンションもあります。分譲を購入した人が他人に賃貸として部屋を貸し出しているのが、分譲賃貸マンションです。分譲賃貸なら、港区の優雅なタワーマンションに、賃貸借契約をするだけで住むことができます。もちろん、そのタワーマンションについているジムやプールや展望ルームなども、住民の一人として利用できます。購入するわけではないのでローンを支払う必要がなく、支払うのは毎月の家賃と管理費だけです。退去したくなったら必要な退去手続きをすれば退去できます。